新人公務員の挑戦-高齢受験生のその後
会社を退職して公務員試験を目指してなんとか合格。年齢制限ぎりぎりのおじさんルーキーの奮闘記です。
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後の最後
2006.01.06(金)
僕が市役所に合格したのは12月の終わりで、その時は持ち駒も無く
これが落ちたらまた来年受験という最後の最後での合格でした。
大学の頃の民間の就職活動のときも周りの人はみんな就職先が
決まっているのに僕だけ決まらずに、8月の終わりにやっと内定を
もらいました。
その時も他に持ち駒は無く、最後の最後という感じでした。
おかげで夏休みはほとんど就職活動に費やしてしまい、就活が
終わってすぐに卒業研究を始めなければなりませんでした。

就職に関しては2回ともぎりぎりで決まったという感じですが、その
原因はたぶん理想が高いくせに楽観的に考えてしまうということが
あるかもしれません。
公務員試験でいうと、第一希望は都庁だったんですが、採用人数も
多いしこれだけ勉強していれば合格できるだろう、もし落ちても一つ
くらい合格できるところはあるだろう、という気持ちがあったと思います。
民間企業のときもはじめは誰もが知っている大企業を目指しましたが、結局誰も知らないけどそこそこの規模の会社に就職しました。
そういえば大学受験も国立大学を目指して勉強しましたが、合格したのは私立大学だけでした。

どうも僕は理想が高いのか努力が足りないのかわからないですが
第一希望とは縁がないようです。
第一希望が高いために失敗してもなんとかある程度のところで収まっているのかもしれません。
もし公務員試験で市役所を第一希望と考えていたら合格できなかったかもしれません。

初詣
2006.01.01(日)
今年の初詣は友達と鎌倉の鶴岡八幡宮に行ってきました。
昨日の23:30頃に行って鶴岡八幡宮で新年を迎えたんですが、
かなり寒かったです。
人が多くてお参りするのに並んでいたのでその待ち時間も寒かったのですが、それよりも帰りの電車の待ち時間が寒くて辛かったです。
元日なので深夜でも電車は走っているんですが、30分に1本くらいしか電車が無いので、乗り換えの時にタイミングが悪ければ30分くらい人の少ない深夜のホームで待つことになります。

初詣の後にマクドナルドで話をしたりしたので、結局家に着いたのは
4時半過ぎになっていました。
家に帰っても寒くてすぐには眠れなかったので、ストーブをつけて
部屋を暖めてから寝ました。
布団に入ったのは5時過ぎだと思いますが、なぜか9時頃に目が
覚めてしまいました。
昼間はあまり眠くなかったんですが夜になって急に眠くなってきたので、今日は早く寝ることにします。

大晦日
2005.12.31(土)
2005年も残すところあとわずかです。
今年の思い出は公務員試験のことしかありません。
去年は会社を辞めて公務員試験の勉強だけしていましたが、今年は
5月に受験してから12月までずっと何かしらの結果待ちという不安定な状況が続いていたので、勉強だけをしていた去年よりは精神的に辛かったです。
でも最終的に合格できたので、気持ちよく新年を迎えられそうです。

僕はこれから友達と初詣に行ってきます。
去年はおみくじで悪いことが書いてあったので公務員試験のことが
不安になりましたが、今年はどんなことが書いてあっても怖くありません。
今年を振り返ってみて
2005.12.30(金)
今年も残すところあと1日になりました。
結局今年は1月から12月まで公務員試験漬けの毎日でした。

1月~4月 予備校の授業、過去問、模試の復習、論分や記述試験対策などで全然時間が足りなくて焦っていた時期でした。12月までに過去問などをある程度終わらせておけばよかったと後悔してました。

5月 都庁、国立大学法人を受験しました。都庁のできの悪さにへこんでましたが、国立大学法人は合格を確信していました。

6月 国税専門官、国家Ⅱ種、県庁を受験。
都庁、国立大学法人の合格発表、両方とも不合格。
都庁は覚悟していましたが、国立大学はまさかの1次不合格だったのでへこみました。

7月 国税専門官、国家Ⅱ種、県庁の合格発表。
国税専門官は予想通り1次不合格。
国家Ⅱ種は合格していると思っていましたが、まさかの1次不合格でした。
このときが公務員試験の中で1番ショックな出来事でした。
県庁はだめだと思っていましたが、まさかの1次合格。

8月 初旬に県庁の2次試験を受けたあとは全然勉強していなかったので、県庁に落ちたらやばいなぁと思っていました。
下旬に県庁の合格発表。2次不合格。

9月 市役所C日程1次試験。
県庁の不合格を引きずっていて、無勉強で受験しました。

10月 市役所C日程1次合格。気持ちを切り替えて全力で合格を目指しましたが、2次不合格。
市役所D日程も受験、1次合格。

11月 市役所D日程2次試験、3次試験。
来年の試験に向けての勉強も本格的に始めました。

12月 市役所の合格発表が下旬だったので、ずっと来年の試験に向けて勉強していました。
下旬に市役所の合格通知が来て、長い公務員試験生活に終止符を打つことができました。

サンタクロース
2005.12.25(日)
世間ではクリスマスといって浮かれているようですが、今年は
大雪のせいでそんなに浮かれていられない人もいたのではないかと
思います。
ちなみに東京では過去30年間ホワイトクリスマスというのは
ないそうです。
今年も当然のように晴れていました。

この時期になると子供たちの間ではサンタクロースがいるかいないかという論争が起こるわけですが、子供にとってサンタクロースの存在は永遠のテーマです。
僕の子供の頃はサンタクロースの存在には否定的だったんですが、肯定派の人からはサンタの存在を裏付けるいろいろな証拠を提示してきます。
閉めたはずの寝室の窓が開いていた、サンタに手紙を出したら返事か返ってきた、24日の夜に鈴の音を聞いたなど。

そういう子供も大人になってしまうとサンタクロースの存在を信じなく
なってしまいますが、実は日本にサンタクロースはいます。
その名も、パラダイス山元さんという方です。
決してあやしい人ではなく、日本で唯一のグリーンランド国際サンタクロース協会公認のサンタクロースで、ブログまで書いています。
パラダイス山元の公認サンタクロース、ライフ
これで子供から「サンタさんはいるの?」と聞かれても、自信を持って「いる」と答えられますね。

ちなみに今年の11月に日本初の「サンタクロース検定」というものがあったそうです。
サンタクロース研究所というところが行い、サンタクロースやクリスマスの知識を問う試験ということで、合格するとサンタクロース研究所の
サンタクロースと認定され、認定書とワッペンをもらえるそうです。
日本には色々な資格がありますが、「サンタクロース」という資格も
夢があっていいと思います。

これからの過ごし方
2005.12.23(金)
今日は久しぶりに無勉強でした。
というか、これからしばらく無勉強の日が続くと思います。

これから働くまでの約3ヶ月間をどのように過ごしたらいいか
迷います。
バイトをしようかと思ったんですが、4月から何十年も働くことになるのに今から慌てて働くというのも気が引けます。
ただ通勤に便利な場所に引っ越したいと思っているので、そのための引越し資金を稼ぐためにバイトを始めるかもしれません。
あと何か資格を取るために勉強しようということも思いましたが、
今まで散々公務員試験の勉強をしてきてまだ勉強を続けるというのも
気が引けます。
公務員試験が終わるまで我慢していたドラクエ8はやろうと思いますが、それだけで3ヶ月は過ごせないのでこれからの時間の使い方を
考えたいと思います。

これからの3ヶ月間は結構貴重な時間になると思うので、有意義に
使いたいと思います。
4月から公務員として働くのに役に立つようなことを少しでもやりたいと思います。

冬の空
2005.12.21(水)
今日は昼頃外出する用事があったんですが、1日で一番太陽が高い位置にある時間なのに日が傾いている感じがしました。
12時くらいなのに夕方のような雰囲気のある太陽でした。
夕方も5時前にはもう真っ暗になってしまうので、外にいると逆に時間の感覚が狂ってしまいそうですが、日が短くなったと実感できます。
日は短くなっていますが、空は本当に雲ひとつ無い青空でした。
冬の空は昼は真っ青で夜も星がよく見えてきれいなので好きなんですが、この雲ひとつ無いというのが寒さを厳しくする原因になっているみたいです。

雲があると昼間の熱が雲にさえぎられてこもるらしいですが、雲が
ないとその熱が逃げてしまって温度が下がるそうです。
また空気が乾燥しているので体の水分が蒸発しやすく、その気化熱によってさらに体が寒く感じてしまいます。

乾燥しているのは関東だけなのかどうかはわかりませんが、今日の夜の天気予報を見ていたら日本中で雪が降って、晴れているのは
関東だけみたいな感じでした。
やはり地形上関東地方では冬は降水量がかなり少ないと思いますが、晴れて乾燥しているからこそ星空もきれいに見えます。
寒くなる条件と星がきれいに見える条件が同じというのも辛いですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。