新人公務員の挑戦-高齢受験生のその後
会社を退職して公務員試験を目指してなんとか合格。年齢制限ぎりぎりのおじさんルーキーの奮闘記です。
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初夢
2006.01.03(火)
初夢は1月1日の夜から2日の朝にかけて見る夢のことだそうです。
というのも昔は大晦日から元日にかけては寝ずに過ごすことが一般的で、1日の夜に見る夢が1年で初めて見る夢になるからだそうです。

初夢で縁起のいいものとして「一富士、二鷹、三茄子」というものがありますが、僕は一度も初夢でそのような夢をみたことがありません。
というよりも初夢じゃなくても見たことはないと思います。
特に茄子がでてくる夢を見たら、かなりレアな夢になるんじゃないかと思います。
レアなだけに縁起がいいということになるんでしょうか。
ちなみに茄子のあとは「四扇、五煙草、六座頭」と続くそうです。

僕の初夢は市役所の合格が取り消されるという悪夢でした。
それも僕が悪いのではなく市役所の事情によって採用できなくなるというもので、取り消し通知と同封されていた謝罪の文章がやけにリアルで現実感のある夢でした。
でも夢の中の僕はショックを受けつつもしっかりと現実を受け止めて(夢ですが)、来年の試験に向けて勉強を始めるという落ち着いた対応をみせていました。
かなり現実感のある夢だったので、起きて夢だと思ったときは本当にほっとしました。

初夢は人に話すと叶わないといいますが、僕の場合は叶ってしまうと困るのでここに書いてみました。
まだ自分が悪くて合格が取り消されるという可能性もないことはないので、気をつけて過ごしたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://odamaki.blog28.fc2.com/tb.php/83-7e37bf34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。