新人公務員の挑戦-高齢受験生のその後
会社を退職して公務員試験を目指してなんとか合格。年齢制限ぎりぎりのおじさんルーキーの奮闘記です。
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年を振り返ってみて
2005.12.30(金)
今年も残すところあと1日になりました。
結局今年は1月から12月まで公務員試験漬けの毎日でした。

1月~4月 予備校の授業、過去問、模試の復習、論分や記述試験対策などで全然時間が足りなくて焦っていた時期でした。12月までに過去問などをある程度終わらせておけばよかったと後悔してました。

5月 都庁、国立大学法人を受験しました。都庁のできの悪さにへこんでましたが、国立大学法人は合格を確信していました。

6月 国税専門官、国家Ⅱ種、県庁を受験。
都庁、国立大学法人の合格発表、両方とも不合格。
都庁は覚悟していましたが、国立大学はまさかの1次不合格だったのでへこみました。

7月 国税専門官、国家Ⅱ種、県庁の合格発表。
国税専門官は予想通り1次不合格。
国家Ⅱ種は合格していると思っていましたが、まさかの1次不合格でした。
このときが公務員試験の中で1番ショックな出来事でした。
県庁はだめだと思っていましたが、まさかの1次合格。

8月 初旬に県庁の2次試験を受けたあとは全然勉強していなかったので、県庁に落ちたらやばいなぁと思っていました。
下旬に県庁の合格発表。2次不合格。

9月 市役所C日程1次試験。
県庁の不合格を引きずっていて、無勉強で受験しました。

10月 市役所C日程1次合格。気持ちを切り替えて全力で合格を目指しましたが、2次不合格。
市役所D日程も受験、1次合格。

11月 市役所D日程2次試験、3次試験。
来年の試験に向けての勉強も本格的に始めました。

12月 市役所の合格発表が下旬だったので、ずっと来年の試験に向けて勉強していました。
下旬に市役所の合格通知が来て、長い公務員試験生活に終止符を打つことができました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://odamaki.blog28.fc2.com/tb.php/80-a60c5636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。