新人公務員の挑戦-高齢受験生のその後
会社を退職して公務員試験を目指してなんとか合格。年齢制限ぎりぎりのおじさんルーキーの奮闘記です。
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンタクロース
2005.12.25(日)
世間ではクリスマスといって浮かれているようですが、今年は
大雪のせいでそんなに浮かれていられない人もいたのではないかと
思います。
ちなみに東京では過去30年間ホワイトクリスマスというのは
ないそうです。
今年も当然のように晴れていました。

この時期になると子供たちの間ではサンタクロースがいるかいないかという論争が起こるわけですが、子供にとってサンタクロースの存在は永遠のテーマです。
僕の子供の頃はサンタクロースの存在には否定的だったんですが、肯定派の人からはサンタの存在を裏付けるいろいろな証拠を提示してきます。
閉めたはずの寝室の窓が開いていた、サンタに手紙を出したら返事か返ってきた、24日の夜に鈴の音を聞いたなど。

そういう子供も大人になってしまうとサンタクロースの存在を信じなく
なってしまいますが、実は日本にサンタクロースはいます。
その名も、パラダイス山元さんという方です。
決してあやしい人ではなく、日本で唯一のグリーンランド国際サンタクロース協会公認のサンタクロースで、ブログまで書いています。
パラダイス山元の公認サンタクロース、ライフ
これで子供から「サンタさんはいるの?」と聞かれても、自信を持って「いる」と答えられますね。

ちなみに今年の11月に日本初の「サンタクロース検定」というものがあったそうです。
サンタクロース研究所というところが行い、サンタクロースやクリスマスの知識を問う試験ということで、合格するとサンタクロース研究所の
サンタクロースと認定され、認定書とワッペンをもらえるそうです。
日本には色々な資格がありますが、「サンタクロース」という資格も
夢があっていいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かにサンタクロースはいますよね。サンタクロースの本場である北欧ではサンタクロースがいない、とうのは極めてご法度な禁句らしいです。
2005/12/25(日) 21:58:56 | URL | sin #-[ 編集]
そんな強制的に思い込ませることではないと思いますが、北欧では
サンタの存在は当たり前のものなのかも知れませんね。
僕は子供の頃よりも今の方がサンタを信じられる気がします。
2005/12/25(日) 22:56:36 | URL | おだまき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://odamaki.blog28.fc2.com/tb.php/78-9f0f91d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。