新人公務員の挑戦-高齢受験生のその後
会社を退職して公務員試験を目指してなんとか合格。年齢制限ぎりぎりのおじさんルーキーの奮闘記です。
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の空
2005.12.21(水)
今日は昼頃外出する用事があったんですが、1日で一番太陽が高い位置にある時間なのに日が傾いている感じがしました。
12時くらいなのに夕方のような雰囲気のある太陽でした。
夕方も5時前にはもう真っ暗になってしまうので、外にいると逆に時間の感覚が狂ってしまいそうですが、日が短くなったと実感できます。
日は短くなっていますが、空は本当に雲ひとつ無い青空でした。
冬の空は昼は真っ青で夜も星がよく見えてきれいなので好きなんですが、この雲ひとつ無いというのが寒さを厳しくする原因になっているみたいです。

雲があると昼間の熱が雲にさえぎられてこもるらしいですが、雲が
ないとその熱が逃げてしまって温度が下がるそうです。
また空気が乾燥しているので体の水分が蒸発しやすく、その気化熱によってさらに体が寒く感じてしまいます。

乾燥しているのは関東だけなのかどうかはわかりませんが、今日の夜の天気予報を見ていたら日本中で雪が降って、晴れているのは
関東だけみたいな感じでした。
やはり地形上関東地方では冬は降水量がかなり少ないと思いますが、晴れて乾燥しているからこそ星空もきれいに見えます。
寒くなる条件と星がきれいに見える条件が同じというのも辛いですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://odamaki.blog28.fc2.com/tb.php/75-57c984f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。