新人公務員の挑戦-高齢受験生のその後
会社を退職して公務員試験を目指してなんとか合格。年齢制限ぎりぎりのおじさんルーキーの奮闘記です。
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市役所D日程2次試験
2005.11.06(日)
今日は市役所の2次試験がありました。
予想はしていましたが受験生の人数はかなり多かったです。
採用数は若干名なんですが今日は150人以上は余裕でいたと思います。
ちょっと自信を失っていましたが試験はちゃんと受けてきました。
ちなみに試験科目は論文、事務適性検査、対人適応性検査でした。

まず論文ですがテーマが、公務員が全体の奉仕者といわれているがどう思うか、みたいな感じで予想はしていなかったんですが、そんなに書きづらいテーマでもなかったです。
理想の公務員像みたいなテーマがどこかの論文で出題されるかもしれないと思っていたので、考えていたことをテーマに合わせて書いてみました。ただ全体の奉仕者とは直接結びつかないような記述も結構多くなってしまったのでちょっと心配です。

事務適性検査は時間が10分で図形を選ばせたり計算をさせたりする試験だったんですが、このような試験は今までやったことがなかったので少し怖気づいてしまいました。
もっと気楽な適性検査かと思ったんですが、かなり時間に迫られてプレッシャーの感じる試験でした。結果は周りと比べると少し回答数が少なかったので危険な感じがします。

そして一番心配だった職場対応性検査はまさかの筆記試験でした。
というより普通の「はい」「いいえ」で答える性格検査でした。
時間は30分だったのですが、問題数のわりに時間が長くて開始後15分くらいには全員終わっているような感じでした。
途中退室ができなかったのでみんな暇そうに時間を持て余していた時に試験官が「試験終了10分前です」と言ったので、まだそんなに時間があるのかよ、みたいな空気になっていました。
さすがに試験官もその気配を感じたようで全員終わったことを確認して時間前に終了しました。

結局今日は論文と適性検査2つみたいな感じだったので、2次試験は論文でほとんど決まってしまうような気がします。
今日の論文の出来は可もなく不可もなくという感じなので、倍率を考えると少し厳しいかも知れません。まあ終わったことをとやかく考えても仕方ないので明日からはまた来年の試験に向けて勉強を再開したいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://odamaki.blog28.fc2.com/tb.php/31-98d65ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。