新人公務員の挑戦-高齢受験生のその後
会社を退職して公務員試験を目指してなんとか合格。年齢制限ぎりぎりのおじさんルーキーの奮闘記です。
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学生活
2005.10.31(月)
2次試験で卒業証明書と成績証明書を提出しなくてはいけないので、
今日は久しぶりに大学に行って証明書をもらってきました。
約2年ぶりくらいに大学に行ったので懐かしい気持ちで大学までの道を歩いていましたが、大学時代は別になんでもなかった入り口にある急な坂を登ったら想像以上に息が切れてしまい、しかも全然回復せず息を切らしたまま事務室に行きました。年齢的な衰えと日ごろの運動不足を実感してしまいました。

大学の構内はほとんど変わってなかったですが、ひとつだけ見慣れない大きな建物がありました。僕がいたころはそこにエアコンも設置されていない古い教室があったのですが、今はいかにも最新の設備が整ったような立派な建物がそこに建っていました。ちょっと見てみたいと思いましたが、友達と待ち合わせをしていたということと、見てしまうとくやしいと思ってしまいそうだったのでそのまま帰ることにしました。

大学生を見ていると気楽で楽しそうだなあと思いました。
大学生のときは何とも思っていませんでしたが、卒業して就職してから大学時代を振り返ってみるとかなり貴重な時間を無駄に過ごしていたなあと感じます。大学生のときに少しでも卒業後にどう思うかということがわかっていればだいぶ生活の仕方が変わっていたと思います。大学生活に限らずどんなことでも自分の将来のことを予想してきちんと考えている人が仕事においても私生活においても成功して充実した時間を過ごしているんじゃないかと思います。
未来が見えているからこそ現在何をするべきかがはっきりわかるわけで、ゴールがはっきりしていないのに何かをしようとしても何をしたらいいのかわからないと思います。そのためにも大学のときのことを反省し、公務員試験に合格するというゴールを常に意識して今何をすべきかを考えながら行動していきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://odamaki.blog28.fc2.com/tb.php/25-adae0fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。