新人公務員の挑戦-高齢受験生のその後
会社を退職して公務員試験を目指してなんとか合格。年齢制限ぎりぎりのおじさんルーキーの奮闘記です。
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市役所3次試験
2005.11.30(水)
今日は市役所の面接試験に行ってきました。
公務員試験の面接は2回目ですが、やはり面接の前は
緊張するものです。

部屋に入ってみると、面接官として座っているのは見るからに
トップレベルで偉いというオーラを出している人ばかりで、その
中心に座っているのがホームページで何回も見た市長でした。
その時点で少し怖気づいてしまいましたが、面接自体は比較的
穏やかなムードで進んでいきました。
特に答えにくい質問などは無かったですが、緊張のためかだんだん
声が小さくなっていってしまいました。
面接前に大きな声で話そうと心がけていたので、そのつど声を大きく
しようと修正していましたが、ちょっと失敗したなと思います。
それ以外の点では大きな失敗はしていませんが、採点するのは面接官なのでどうなるかわかりません。
面接は約10分と少し短かったので、第一印象や態度などが重要に
なってきそうです。

何人が2次試験に合格して面接を受けているのかわからないですが、僕がいたときに面接の控え室には10人位いたので、結構倍率は高いと思います。
半日で10人だとしても1日20人、面接の日程は3日くらいに分かれているっぽいので、少なくても60人くらい残っていそうです。
そして募集人数は若干名。
でもそんなことを考えても僕にできることはもう無いので、あとは結果を待つだけです。
スポンサーサイト

テーマ:面接 - ジャンル:就職・お仕事

志望動機
2005.11.29(火)
今日は昨日歩いてきたことを参考にしつつ志望動機や
その他面接の準備をしていました。

9月に申し込んだときの提出書類に志望動機を書く欄があったので
そこに書いたことと矛盾しないようにしなければいけませんが、
実際に歩いてみると感じ方も変わるので9月に書いた志望動機を
書き直したい気分です。
申し込みのときは締め切りギリギリであまり志望動機を考える時間が無かったため、今見ると内容も抽象的でアピールしたいポイントも
若干ずれていてちょっと厄介です。

志望動機以外のことについては県庁の面接のときにも色々準備していたので、それを元にさらに練り直したいと思います。
県庁での失敗を反省して同じことにならないようにしたいと思います。
市内めぐり2
2005.11.28(月)
今日も受験する市内を歩き回ってきました。
昨日は目的も決めずに午後から出発して失敗してしまったので、
今日はどこに行くかをあらかじめ決めて午前中に出発しました。
まず昨日途中で諦めた歩道のない道の先に行ってみたかったので、
最初はバスに乗って行くことにしました。

バスで10分くらいところに自然が豊かな公園があるので、しばらく
公園の中を歩いてみました。
今日はデジカメを持っていったので、公園の中で写真を撮っていき
ました。
その後、バスに乗って移動しようと思いましたが、時刻表を見るとバスが来るまで30分以上あったので、歩いて移動することにしました。
ただ今日は昨日と違いある程度道がわかっていたので、迷う心配は
ありませんでした。
途中の老人ホーム前や、道の様子などの写真を撮りつつ歩いていたら団地の密集地帯に着きました。

20~30年位前に建てられたエレベーターの無い団地で、こういうところに住んでいる高齢者は大変だなあと思いながら1枚撮りました。
こういう団地が建てられた頃の購入者はほとんど30代位の夫婦らしいので、現在このような夫婦が高齢者となり特定の地域だけ一気に
高齢化が急激に進んでしまうという問題があるそうです。
そのような危険性がありそうな団地でした。

松屋で昼食を食べた後、通り道だった市役所に寄って2枚激写、その後工場などがある地域に行き1枚激写、そして市民体育館の前を通り駅前の繁華街を抜けて帰りました。

あっさりと書きましたが最初のバス以外の移動方法は全て徒歩だったので、3時間くらい歩きっぱなしでした。昨日よりは効率的でしたが、
昨日より疲れました。
やはり電車の中では爆睡でした。
市内めぐり
2005.11.27(日)
今日は今度面接を受ける市に実際に行ってみて歩き回ってきました。家からは結構遠いので、昼飯を食べてから出かけたら着く頃にはかなり日が傾いていました。

目的地などは全く決めていなかったので、駅を降りたところにあった
市の全体図を見てなんとなく北の方に歩いてみようと思って歩き始めました。
始めは歩道を歩いていたんですが、そのうち歩道が無くなり始めて
車が走っている車道の脇を歩くようになっていました。
その道は道幅も狭く交通量もそんなに多くはなかったんですが、
そのぶん車が結構スピードを出して走っていたのでかなり怖い思いをして歩いていました。
車をよけながら30分くらい歩いたところでようやく、この道は
人が歩くような道ではないな、と気がつきました。
よく見たらこんなところを歩いているのは僕だけでした。

そして戻ろうと思ったんですが、今まで歩いてきた道を戻るのもだるいので、違う道で戻ることにしました。
右折を2回すれば戻れると思ったので右折を2回して、歩道のない道をまた歩き始めましたが、どんなに歩いても僕の知っている大通りに出ませんでした。
歩いている方向が少しずれていると感じたので方向を修正するために脇道に入ったんですが、その後自分がどの方向に歩いているのかわからなくなってしまいました。迷子です。
なんとか標識などを頼りに歩いていましたが、ずっと歩道のない道を歩いてきて精神的にも肉体的にも疲れていたので早く帰りたいと思うようになりました。
帰ろうにも駅の方向もわからないのでなんとか大きい道に出ようと思って歩いていましたが、なぜか住宅街に迷い込んでいました。
住宅街は車も走ってなくほのぼのとした雰囲気でほっとするなあ、と思っていましたがそれどころではありません。
日が落ちてだいふ暗くなってきていたので、早くしないとさらに道がわからなくなってしまいます。

焦りつつも目印になるようなものを探していると、不意に大きな建物を発見しました。
何の建物だろうと思って歩いていると、なんとなく見覚えのある風景が見えてきました。
なんとその建物は市役所でした。
市役所へは試験の申し込みをしたときに来たことがあったので、これで帰れると思いました。
迷い始めて1時間後くらいのことでした。
市役所との劇的な再開の後、ちょっと市役所内の様子を見つつ駅に戻ったんですが、駅に着いた頃にはかなり疲労困ぱいで汗だくになっていました。
結局ほとんど収穫がないまま帰ることになりましたが、久しぶりにいい運動をしたという感じです。
帰りの電車の中では熟睡していました。
2次試験結果
2005.11.25(金)
今月始めに受験した市役所の2次試験の結果が郵送されてきました。結果は、合格でした。
あんまり自信はなかったんですが、なんとか3次試験に進めたので
よかったです。
来週面接試験を受けることになったので、これから面接対策を
しっかりやりたいと思います。

今回の2次試験合格者数の人数はわかりませんが、例年3次試験の倍率がかなり高いようです。
そのため面接がかなり重視されていると考えられるので、今までのように可もなく不可もなくという感じでは確実に不合格になってします。
少しでも面接官の印象に残るようにしたいと思います。

今回受験した市は、僕にとっては縁もゆかりもない場所です。
そのため面接の前に実際にその市に行って歩いてみたいと
思います。
そうすればその市の問題点も見えてくると思いますし、志望動機にも説得力が出ると思います。
普通に面接を受けるだけではどうしても地元の人の方が有利になってしまい、合格するのは難しくなってしまうのでそのくらいのことはやりたいです。
おそらく今回の面接が今年最後の公務員試験になると思うので、
くいの残らないよう全力で挑みたいと思います。
緊張感
2005.11.24(木)
僕は公務員試験を始めたときから勉強時間と内容を記録しているので、いつどのくらい勉強したかがわかるようになっています。

現在僕の1日の勉強時間は6~8時間くらいですが、今年の試験直前の4月から6月頃は1日9~12時間くらい勉強していました。
今も直前期とそれほど変わらない生活スタイルで勉強しているんですが、かなり勉強時間に差が出ています。
やはり精神状態の違いが勉強時間の差に出てきているんじゃないかと思います。
ちなみに去年の今頃の1日の勉強時間は4~6時間でした。
さらに緊張感がなかったです。

今から試験直前期と同じように勉強しても続かないかもしれませんが、もう少し勉強時間を増やしたいところです。
まだ国家Ⅱ種の試験まで7ヶ月くらいあるという時間的な余裕が気の緩みにつながっていると思います。

ただ経験上、年明けから試験日まではかなりあっという間に時間が過ぎていきます。
模試や専門記述の準備、時事対策などやることがたくさんありますので、時間が足りなかった印象があります。
そのためにも年内に一通りやっておけば、年明け後も余裕を持って勉強ができると思うので、今からもう少し頑張らなければなりません。
試験前の切羽詰った精神状態を少しでも現在に蘇らせたいです。
早起き
2005.11.22(火)
今日は8時45分に起床しました。
昨日よりは早く起きることができましたが、今日も5度寝くらいしてしまったので早起きに失敗しました。
遅くても8時には起きようと思っていましたが、やはり布団から出ると寒いので、2度寝の誘惑には勝てませんでした。
ただ今日は目覚まし時計の音をちゃんと意識できていたので少し
前進しました。

僕は午後に比べると午前中のほうが圧倒的に集中力が高いので、
朝は早く起きて午前中の勉強時間を増やしたいです。
どうしても昼食後の勉強は集中力が欠け1問解くのにも時間がかかってしまい、頭にも入りにくくなっている気がします。
試験当日も朝早く起きて問題を解くわけですから、朝から頭を使うくせを今からつけておくことも有効だと思います。

今日は昨日よりも早く起きることができたので、これからも少しずつでも早く起きるようにしたいと思います。
目覚まし時計
2005.11.21(月)
最近、朝がなかなか起きられません。
寒くなってきたということもあると思いますが、それよりも目覚まし時計の音にも気づかないときがよくあります。

今使っている目覚まし時計は1回止めても5分おきに鳴るスヌーズ
機能がついているんですが、朝気がつくと目覚ましのスイッチが入ったままの目覚まし時計が横においてあります。
どうやら時間がたって短針がずれてアラームが鳴らなくなるまで、
無意識のうちに止め続けているのか、気がつかずに音が鳴りっぱなしになっていたのかしていたらしいです。

僕は朝が弱いので起きたいと思う時間の20分前に目覚ましをセットして、スヌーズ機能をフル活用して少しずつ目を覚ましていくんですが、それがよくないのかもしれません。
目覚ましが鳴ってもまだ寝ていられるという意識があるためにその音が嫌な音に聞こえず、2度寝の気持ちよさを連想させる音に聞こえてしまって目が覚めないんじゃないかと思います。

以前、目覚ましを仕事に遅刻するギリギリの時間にセットすると言う人がいましたが、それはかなり有効な方法なのかもしれません。
そうすれば目覚ましの音が遅刻と隣り合わせの恐怖の音に聞こえて、飛び起きることができそうな気がします。

僕は試験などの絶対に早く起きなくてはいけない日は携帯のアラームを使います。
そのため僕にとっては携帯のアラームの音が緊張感のある音に聞こえて確実に起きることができます。
でも携帯を普段から使ってしまうと感覚が麻痺してしまって、大事な日に起きられないということになるかもしれないので試験の日以外は使わないようにしています。

明日からはスヌーズ機能に頼らずに起きたい時間ぴったりに目覚ましをセットしてみたいと思います。
まずは目覚ましが鳴ったら起きるという習慣をつけたいと思います。
受験結果アンケート
2005.11.20(日)
僕は去年の4月からTACに通っているんですが、今日はそのTACから公務員試験の受験結果に関するアンケートの電話がかかってきました。実は10月頃にも受験結果のアンケートが郵送されてきたんですが、不本意な結果だったので答える気が起きなくて放置していました。そのときにアンケートを郵送しておけば謝礼で500円の図書券をもらえたんですが、今日は無料で電話で協力することになってしまいした。

電話で今年の試験結果を口に出して言ってみると、忘れかけていた今年の悲惨な結果を改めて実感させられました。
でもそのおかげで明日から危機感を持って勉強ができると思うので良かったのかもしれません。

電話で答えた今年の結果
国家Ⅱ種:1次不合格
国税専門官:1次不合格
都庁:1次不合格
県庁:2次不合格
市役所C日程:2次不合格
市役所D日程:2次結果待ち

やはり悲惨な結果です。
面接前の散髪
2005.11.19(土)
今日は髪を切りに行ってきました。
最近は人と合うことも少なく外も寒くなってきたので、髪を切りに行くのも面倒くさくてかなり伸びていたんですが、さすがにうっとうしくなってきたので渋々行ってきました。

11月6日に受けた市役所の2次試験に合格すれば次は面接試験なので、今日髪を切ってサッパリとした頭で面接に挑むことができます。
たぶん来週中には2次試験の結果が郵送されてくると思うので、早ければ10日後くらいには3次試験の面接を受けることになるかもしれません。
まあ万が一合格したらの話ですけど、合格発表から面接まではあまり時間がないと思うので今からでも多少は面接の準備をしたほうがいいかもしれません。
でもまだ合格していないのに面接の準備をする気が起きませんので、暇なときにホームページを見る程度のことしかやらないと思います。
政治思想
2005.11.17(木)
現在スー過去の政治学を毎日1テーマを目標に進めていますが、
今日は僕の苦手な政治思想の分野に入りました。
今日も問題を解いてみてやっぱり苦手だと感じました。

この分野は内容が抽象的で問題文を読んでいても何をいっているのかわかりにくいし、人名と理論内容との結びつきなど丸暗記が必要なところも多いので、勉強するのも嫌になってきます。
特に人名だけ入れ替えた問題が苦手で、正解だと思った選択肢の
解説を見たとき「ロックではなく、ルソーの説明である」とか書いてあるとやる気をなくします。

人名は意味のある言葉ではないので覚えづらいです。
「一党制」や「穏健な多党制」などは文字を見れば内容がイメージが出来るので覚えやすいんですが、人名を見ても主張内容は全くイメージできず丸暗記するしかないので記憶に残りません。
語呂合わせで覚えれば覚えやすいかもしれませんが、僕には覚えやすい語呂合わせを作れるセンスはないですし、政治思想というマニアックな語呂合わせを誰かが作っているとも思えないので、やはり繰り返し覚えていくのが一番いいかもしれません。

ちなみに大学受験の時は古語を語呂合わせで覚えていました。
友達から古語の語呂合わせの本があると聞いて買ったのですが、
僕にとってはかなり効果的な方法でした。
例えば古語の「ろうたし」は「かわいい」という意味ですが、その本には「たろうたしかにかわいい(太郎、確かに可愛い)」と書いてあり、一発で覚えることができました。
公務員試験用の語呂合わせの本があったらほしいです。
経済系科目
2005.11.16(水)
最近は法律系や政治系の科目ばかり勉強していて、ミクロ、マクロ、財政学などの経済系の科目は全くやっていません。
僕はなぜか経済系の科目が得意で、あまり勉強に時間をかけなくても点が取れました。
多分、専門科目の中ではずば抜けて勉強時間が少なかったと思いますが、本番では得点源になっていました。
逆に一番時間をかけたと思われる民法が本番では捨て問みたいな扱いになってしまったので、かなり効率の悪い勉強方法だったと思います。

そういうことなので経済は年明けに一通り終わらせて、本番前に確認のためにもう一度やれば十分じゃないかと思っています。
経済系科目にあまり時間をかけずに、その分を法律系や政治系の科目にかけたいです。

来年から国家Ⅱ種の経済がミクロとマクロに分かれて問題数が増えるので、僕にとってはうれしい限りです。
ただ来年から財政学と経済事情が合体してしまったのが痛いです。
僕は経済事情と経済史が苦手で全然勉強していなかったので
点数が取れるか心配です。
経済史という名前も消えてしまったのでどこかで出題されるかも
しれません。
経済事情と経済史も今年は勉強しなければならないようです。
石油ストーブ
2005.11.15(火)
今日は寒かったので石油ストーブをつけて勉強しました。
エアコンよりも石油ストーブの方が即効性があり部屋が早く暖まるので、特に朝などはとても重宝します。
ただなかなか机の下まで暖まらないので足元は寒いです。
僕は小学生の時から使っている机で勉強しているんですが、
小学生の机って前と横の三方向がふさがっていて全然暖かい空気が入ってきません。
足元が冷えると体全体が寒くなっている感じがするので、扇風機か何かで足元に空気を送ろうかと考えています。

石油ストーブで気をつけなくてはいけないのが換気です。
石油ストーブは石油を燃やして暖めているので狭い部屋で閉め切って長時間ストーブをつけていると酸素がなくなり一酸化炭素中毒になる危険性があるそうです。

今日は勉強していたら頭が痛くなってきたのでなんか風邪っぽいなあ、と思っていたんですが、途中でもしかしたら一酸化炭素中毒かもと思って部屋から出て外の空気を吸ったら頭痛は治りました。
一酸化炭素中毒の症状は頭痛や吐き気などらしいので、どうやら
プチ一酸化炭素中毒にかかっていたっぽいです。
やはり石油ストーブを使用するときは換気はしないといけないと思いましたが、換気をすると寒くてストーブをつけている意味がなくなってしまうのでどうしたらいいのか難しいところです。
ココア
2005.11.14(月)
最近は寒くなってきてココアがおいしい季節になりました。
今日も教育テレビの高校講座を見ながらココアを飲みました。

ココアにはポリフェノールだか食物繊維だかが入っていて
健康にいいらしいです。
特にポリフェノールはストレスに対する抵抗力を高める効果が
あるらしいので、公務員試験の勉強でストレスが溜まったときには
ちょうどいいと思います。

いつもはお湯でココアを溶かして牛乳を少し入れて飲んでいるんですが、今日はお湯が沸いていなかったので牛乳を電子レンジで温めて牛乳だけでココアを溶かして飲んでみました。
そうしたらこれがお湯で溶かすよりもかなりおいしかったので、
ちょっと病み付きになりそうです。
でもココアばっかり飲んでいると太りそうなので心配です。
寒さに弱い
2005.11.13(日)
最近寒い日が多くなってきたので、とうとう冬のコートを出してしまいました。
予定より早く出してしまいましたが、外に出かけるときはコートを着てちょうどいい感じです。
11月中旬で既に真冬みたいな格好で歩いているので、本当の真冬になったら寒さに耐えられるのか心配になってしまいます。
1月や2月になってもたぶん今とあまり変わらない服装だと思うので、無事に冬を越せないかもしれないと思ってしまいます。

昔に比べて現在の僕は寒さに弱くなっている気がします。
大学生の頃は11月中に冬用の厚手のコートはまだ着ていなかったと思います。今は家で勉強していても寒くて手が冷たくなってしまうことがよくあります。
やはり運動不足というのも原因かもしれません。
あまり動いていないから血流が悪くなり手や足などが冷えてしまっていると思います。大学時代もあまり運動していなかったですが、大学に行くまで急な坂を上らなくてはいけなかったので、それが結構いい運動になっていたと思います。

今は近くのコンビニか家から駅までの間歩くくらいの運動しかしていないので血行が悪くなり寒く感じるようになったと思います。
でも寒いからと言ってあまり外に出ないとさらに運動不足になって
ますます寒さに弱くなるという悪循環になりそうなので、
たいした用がなくても出来るだけ外に出て歩きたいと思います。
目の疲労
2005.11.12(土)
今日はなんかやたら目が痛かったです。
目に疲労がたまって痛いという感じでした。
最近はテキストや問題集、パソコン、テレビなど近くのものしか
見ていないので、目にかなり負担がかかっていたと思います。

僕は普段はコンタクトレンズをつけているんですが、最近また視力が低下したらしくコンタクトが合わなくなってきました。
僕は両目とも0.1未満でかなり目が悪いですが、このまま視力が下がり続けたらコンタクトやメガネをしてもよく見えなくなるんじゃないかと
心配です。

もう少し目に負担をかけず目に優しいことをしたいと思いますが、
公務員試験が終わるまでは今のような状態が続きそうです。
これから星のきれいな季節になるので、勉強に疲れたら星を眺めるというのも目の疲労や心の疲労を癒すためにはいいかもしれません。
時計の音
2005.11.10(木)
昨日の夜はなぜか時計の針の音が気になって
なかなか寝付けませんでした。
時計の音なんて毎日聞こえているはずなのに昨日に限って
やけに耳に付いて眠れませんでした。

疲れているときは布団に入ったらすぐに寝てしまうので、
あまり体が疲れてないのかもしれません。
最近は座っていることが多く特に運動もしていないので
体が疲れるようなことはしていません。
なんとしても公務員試験に受からなければいけないという精神的な
疲れはあるんですが、むしろそれは不眠の原因になりそうです。

夜時計の音が気になったせいか、今日勉強しているときも時計の音が気になってしまいました。
普段気にしていないと全く聞こえない音なのに、気になってしまうとかなり大きい音に聞こえてしまうので不思議です。
でも考えてみるとテレビを見ているときなど自分の好きなことをやっているときは電話の音も聞こえないくらい集中できるのに、
勉強しているとちょっとした事で集中力が途切れてしまうことが今までも結構あります。

家で勉強しているときにパソコンのハードディスクがいきなりカリカリ音を立てたことが気になったり、自習室で勉強していても前に座っている人の微妙な動きが気になったり、授業のときも一番前に座っている人の先生の話に対する反応が気になってしまったり、どうでもいいことが勉強の妨げになってしまうことがあります。
もう少し勉強に対する集中力をつけたいです。
文章理解
2005.11.09(水)
教養科目で数的処理の次に配点が高いのは文章理解ですが、僕はちょっと文章理解が不安です。
国家Ⅱ種の教養試験は数的処理と文章理解が必須解答になっていて、この2つで教養科目の出題の半分以上を占めているなど配点が高いので、文章理解も何かしらの対策は必要になってきます。

現代文はある程度得点できると思いますが、英語についてはまったくやる気が起きません。
英語は中学の時からずっと苦手で、今まで何とかぎりぎりのところでしのいできたのですが、まさかこの年まで英語に苦しめられるとは思いませんでした。

やはりこつこつ問題を解いていくのが克服するにはいいのかもしれませんが、僕の場合は単語量が他の人より少ないと思うので文章を読むのも苦労しそうです。
出てきた単語を覚えつつ問題を解くコツのようなものをつかめればいいかもしれません。
公務員試験でも何とかぎりぎりでしのげる程度にはなりたいです。
教養 数的処理
2005.11.08(火)
最近は専門科目ばかり勉強していて教養科目はほとんど勉強していないので、そろそろ教養科目にも時間を割いて勉強しようかと思っています。

教養科目の中で重要な科目といえば配点の高い数的処理だと思いますが、僕は比較的数的処理は得意だと思います。
この前の市役所の試験のときは勉強不足で他の科目はぼろぼろだったんですが、数的処理で他の科目をカバーすることができたので1次試験に通ったと思います。

でも数的処理の中でも空間把握だけは苦手で、試験の時もほとんど問題を見ずに勘でマークしてしまいます。
問題集の解答を見てもよくわからないので、勉強していても本番で解ける気がしません。
どうしても2次元の紙の中で3次元の立体についてのイメージができず、問題用紙を折って立体を作りたくなります。
空間把握については克服しようとするか捨ててしまうか迷うところです。

テーマ:公務員試験 - ジャンル:学校・教育

アメリカ独立・フランス革命
2005.11.07(月)
今日は夕方に休憩がてらNHKの高校講座世界史を見ていました。
今日のテーマはアメリカ独立とフランス革命という公務員試験でも出題されそうなテーマだったので、ちょっと集中して見ていました。
見た後に世界史のテキストで復習したんですが、流れがわかっているので世界史の苦手な僕でもあまり苦もなく頭に入れることができたと思います。来週も高校講座→テキストで復習というパターンでやってみたいと思います。

高校講座ダイジェスト
・アメリカ独立
 イギリスが印紙法、茶法などを制定→ボストン茶会事件
 →大陸会議開催→独立戦争開始
 →トマス=ペインの「コモンセンス」がベストセラー
 →独立宣言公布

・フランス革命
 アメリカ独立戦争の支援で財政難
 →第一身分・第二身分への課税を検討
 →第一身分・第二身分が三部会の開催を要求
 →三部会で第一身分・第二身分と第三身分が対立
 →第三身分の国民議会(球戯場の誓い)
 →バスティーユ牢獄襲撃→フランス革命
 ジャコバン派の恐怖政治→ナポレオンが皇帝になる

テーマ:公務員試験 - ジャンル:学校・教育

市役所D日程2次試験
2005.11.06(日)
今日は市役所の2次試験がありました。
予想はしていましたが受験生の人数はかなり多かったです。
採用数は若干名なんですが今日は150人以上は余裕でいたと思います。
ちょっと自信を失っていましたが試験はちゃんと受けてきました。
ちなみに試験科目は論文、事務適性検査、対人適応性検査でした。

まず論文ですがテーマが、公務員が全体の奉仕者といわれているがどう思うか、みたいな感じで予想はしていなかったんですが、そんなに書きづらいテーマでもなかったです。
理想の公務員像みたいなテーマがどこかの論文で出題されるかもしれないと思っていたので、考えていたことをテーマに合わせて書いてみました。ただ全体の奉仕者とは直接結びつかないような記述も結構多くなってしまったのでちょっと心配です。

事務適性検査は時間が10分で図形を選ばせたり計算をさせたりする試験だったんですが、このような試験は今までやったことがなかったので少し怖気づいてしまいました。
もっと気楽な適性検査かと思ったんですが、かなり時間に迫られてプレッシャーの感じる試験でした。結果は周りと比べると少し回答数が少なかったので危険な感じがします。

そして一番心配だった職場対応性検査はまさかの筆記試験でした。
というより普通の「はい」「いいえ」で答える性格検査でした。
時間は30分だったのですが、問題数のわりに時間が長くて開始後15分くらいには全員終わっているような感じでした。
途中退室ができなかったのでみんな暇そうに時間を持て余していた時に試験官が「試験終了10分前です」と言ったので、まだそんなに時間があるのかよ、みたいな空気になっていました。
さすがに試験官もその気配を感じたようで全員終わったことを確認して時間前に終了しました。

結局今日は論文と適性検査2つみたいな感じだったので、2次試験は論文でほとんど決まってしまうような気がします。
今日の論文の出来は可もなく不可もなくという感じなので、倍率を考えると少し厳しいかも知れません。まあ終わったことをとやかく考えても仕方ないので明日からはまた来年の試験に向けて勉強を再開したいと思います。
論文・事務適性検査・職場対人適応性検査
2005.11.05(土)
明日は市役所の2次試験があります。
試験科目に論文があるんですが、試験時間が90分と結構長くて配点が高そうな感じなので、今日は論文の準備をしました。準備といってもどういうテーマが出題されるか予想がつかないので、市の政策や問題点、自己PRや志望動機などについて考えをまとめておく程度のことしかやっていません。

論文の対策は都庁の試験の前に結構時間を割いてやっていました。
都庁の論文は時間が110分と長く配点がかなり高いということで、過去問を参考にしながら問題を予想して実際にいろいろなテーマで論文を書いて対策をしていたので、論文の書き方や議論の展開の仕方などはある程度大丈夫だと思います。
ただ今回は過去問がないのでどういうタイプの問題が出題されるかわからないのが心配です。
災害や少子高齢化問題などのメジャーなテーマなら結構書けると思いますが、その市の独特な問題だった場合は字数を埋めるだけで精一杯かもしれません。
今回は90分で1200字程度ということなので、油断していると時間が足りなくなってしまうと思います。都庁のときの110分でも最後のほうは時間が足りずに危険でしたので、時間配分には気をつけたいと思います。

論文の他には事務適性検査と職場対人適応性検査がありますが、事務適性検査については特に対策する必要はないと思いますし、職場対人適応性検査についてはどういう試験をするのかがわからないので対策のしようがありませんので、なんとかその場のアドリブで対処しようと思います。
模試のパンフレット
2005.11.04(金)
この前本屋に行ったらLECのパンフレットが置いてあったので、模試のパンフレットを取ってきました。

パンフレットを見てみると一番早い模試は11月から始まるらしいですが、そんなに早く受ける必要もないと思うので、とりあえず年内はスー過去で知識を入れることに専念したいと思います。
模試は2月頃から受け始めればいいと思いますが、模試がたくさんある時期になると模試の復習に時間をとられてしまい、スー過去などの問題集をやっている時間が減ってしまうので、なんとか模試が始まるまでにはある程度終わらせておきたいと思っています。
模試は本試験の予想問題として作られますから、模試の復習が直接本試験の点に結びつく可能性が高いと言われていますので模試の復習は欠かせません。

去年はTACに通っていたということもありTACの模試しか受けていなかったのですが、今年はLECの模試も受けてみようと思っています。模試をたくさん受けると復習も大変になりますが、今年は知識を詰め込むよりも、いろいろな問題を解いて実践経験をつんでいきたいと思います。
記憶力
2005.11.03(木)
年のせいかどうかわからないですが、最近記憶力が低下してるなぁと思うことがあります。
大学受験の時と比べて明らかに物覚えが悪くなっていると感じます。勉強のことだけではなく、日常生活の中でもそう思うことが多くなりました。銀行で振込みに行こうとして家を出たのに銀行に行くのを忘れたり、買い物に行ったら必ず一つは用事を忘れてしまいます。トリビアの泉の明日使える無駄知識も、明日まで記憶に残ってなくて使えない状態です。

そのせいで政治学や行政学などの暗記科目が苦手になったのだと思います。法律系の科目も判例など暗記することは多いですが、理解しながら覚えられるので頭に残りやすいというか関係のある文章を見るとそれにつられて頭から出てくるという感じなので、政治学などでも丸暗記ではなく何か他のものとの因果関係など理解しながら記憶していければ頭に残りやすいかもしれません。

あと読むだけではなく人間の五感を使えば記憶に残りやすいらしいです。さすがに味覚や臭覚は勉強においては使いにくいですが、覚えたいことは手で書いたり声を出してそれを耳で聞いたりすればいいのかもしれません。ただ声を出すというのは自習室などではできませんし、一人で家にいて誰もいないときでもなんとなく恥ずかしい気がして気が引けます。僕ができそうなのは覚えたいことを紙に書くくらいですが、どうしても覚えられないときは最後の手段として声を出して聴覚に訴えるかもしれません。でも今はは視覚と触覚だけを使ってやっていきたいと思います。
調子の悪い日
2005.11.02(水)
今日はなんだか勉強に対する調子が悪くて予定していたところまで終わらずに少しやり残してしまいました。
文章を読んでいてもただ文字を目で追っているだけであまり頭に入ってこないことが多く、何回も同じところを読み直してしまい余計な時間がかかってしまいました。

なので今日はあまり無理をして勉強をせずに、また明日から頭を切り替えて頑張ることにしました。
こういう状態で勉強しても効率が悪いですし頭にも入ってこないと思うので、中途半端にやって勉強した気になるよりは次の日に今日の分を取り戻す気持ちで勉強したほうがいいと思います。

ということで明日は集中して勉強できるように、今日はあまり勉強できなかったという危機感を忘れないようにしようと思います。
復習
2005.11.01(火)
この土曜日曜月曜の3日間はいろいろと(遊びの)予定があったのでほとんど勉強できませんでした。そのため今日はその分を取り戻すつもりで勉強しました。

僕は勉強するときに前日の復習もやっているんですが、3日間勉強しなかったので今日は金曜日の分を復習しました。前日の復習とは違い、4日もたっていると想像以上にやったことを忘れています。
いつもは復習にそんなに時間はかからないのですが、今日は改めて覚えなおすことが多くて結構時間をかけてしまいました。
あらためて次の日に復習することの大事さを実感したのと同時に、次の日に復習するだけで足りるのかなぁという不安も感じてしまいました。思った以上に頭から抜けていたので、復習してもそれから何日かたったら同じように頭から抜けているようで心配でした。
かといって復習の時間ばかり増やしていてもなかなか先に進めませんし、公務員試験は科目数が多いので一つの科目ばかりに時間をかけるわけにもいきません。ある程度妥協をしつつ効率のいい勉強をしていかなくてはいけないので難しいところです。

まあ、しばらくは今までどおり前日の復習をしながら勉強していこうと思いますが、ちょっと心配なので問題集の半分くらいまで終わったら始めからざっと一通り目を通す程度のことはしようと思っています。人間の記憶は繰り返すことによって定着するらしいので、あせらずに繰り返しやることによって記憶を定着させていきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。