新人公務員の挑戦-高齢受験生のその後
会社を退職して公務員試験を目指してなんとか合格。年齢制限ぎりぎりのおじさんルーキーの奮闘記です。
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスプレゼント
2005.12.22(木)
今日、11月に受けた市役所の合否通知が郵送されてきました。
ドキドキしながら封筒を開けて中の書類を読んでみるとこう書かれていました。

「・・・採用試験の結果、あなたを採用することに決定しました。」

なんと、合格していました。
これで来年から公務員として働くことができそうです。

それにしても今まで本当に長かったです。
合格通知を見たときはやはりうれしかったんですが、それ以上に
ほっとしたという気持ちも大きかったです。
去年の4月に会社を辞めてから1年8ヶ月にも及ぶ長期戦でしたが、これで僕の公務員試験への挑戦は終わりました。

思えばこのブログは来年の試験を受験するために始めたんですが、
思わぬ短期間で合格してしまうことになってしまいました。
来年受験する人で僕のブログを見て一緒に頑張ろうと思ってくれた
人がいるかも知れませんが、一足先に僕が抜けることになってしまい申し訳ありません。
来年受験する皆さんが、僕みたいに長期間苦しむことのないように
合格されることを祈っています。

スポンサーサイト
市役所3次試験
2005.11.30(水)
今日は市役所の面接試験に行ってきました。
公務員試験の面接は2回目ですが、やはり面接の前は
緊張するものです。

部屋に入ってみると、面接官として座っているのは見るからに
トップレベルで偉いというオーラを出している人ばかりで、その
中心に座っているのがホームページで何回も見た市長でした。
その時点で少し怖気づいてしまいましたが、面接自体は比較的
穏やかなムードで進んでいきました。
特に答えにくい質問などは無かったですが、緊張のためかだんだん
声が小さくなっていってしまいました。
面接前に大きな声で話そうと心がけていたので、そのつど声を大きく
しようと修正していましたが、ちょっと失敗したなと思います。
それ以外の点では大きな失敗はしていませんが、採点するのは面接官なのでどうなるかわかりません。
面接は約10分と少し短かったので、第一印象や態度などが重要に
なってきそうです。

何人が2次試験に合格して面接を受けているのかわからないですが、僕がいたときに面接の控え室には10人位いたので、結構倍率は高いと思います。
半日で10人だとしても1日20人、面接の日程は3日くらいに分かれているっぽいので、少なくても60人くらい残っていそうです。
そして募集人数は若干名。
でもそんなことを考えても僕にできることはもう無いので、あとは結果を待つだけです。

テーマ:面接 - ジャンル:就職・お仕事

2次試験結果
2005.11.25(金)
今月始めに受験した市役所の2次試験の結果が郵送されてきました。結果は、合格でした。
あんまり自信はなかったんですが、なんとか3次試験に進めたので
よかったです。
来週面接試験を受けることになったので、これから面接対策を
しっかりやりたいと思います。

今回の2次試験合格者数の人数はわかりませんが、例年3次試験の倍率がかなり高いようです。
そのため面接がかなり重視されていると考えられるので、今までのように可もなく不可もなくという感じでは確実に不合格になってします。
少しでも面接官の印象に残るようにしたいと思います。

今回受験した市は、僕にとっては縁もゆかりもない場所です。
そのため面接の前に実際にその市に行って歩いてみたいと
思います。
そうすればその市の問題点も見えてくると思いますし、志望動機にも説得力が出ると思います。
普通に面接を受けるだけではどうしても地元の人の方が有利になってしまい、合格するのは難しくなってしまうのでそのくらいのことはやりたいです。
おそらく今回の面接が今年最後の公務員試験になると思うので、
くいの残らないよう全力で挑みたいと思います。
市役所D日程2次試験
2005.11.06(日)
今日は市役所の2次試験がありました。
予想はしていましたが受験生の人数はかなり多かったです。
採用数は若干名なんですが今日は150人以上は余裕でいたと思います。
ちょっと自信を失っていましたが試験はちゃんと受けてきました。
ちなみに試験科目は論文、事務適性検査、対人適応性検査でした。

まず論文ですがテーマが、公務員が全体の奉仕者といわれているがどう思うか、みたいな感じで予想はしていなかったんですが、そんなに書きづらいテーマでもなかったです。
理想の公務員像みたいなテーマがどこかの論文で出題されるかもしれないと思っていたので、考えていたことをテーマに合わせて書いてみました。ただ全体の奉仕者とは直接結びつかないような記述も結構多くなってしまったのでちょっと心配です。

事務適性検査は時間が10分で図形を選ばせたり計算をさせたりする試験だったんですが、このような試験は今までやったことがなかったので少し怖気づいてしまいました。
もっと気楽な適性検査かと思ったんですが、かなり時間に迫られてプレッシャーの感じる試験でした。結果は周りと比べると少し回答数が少なかったので危険な感じがします。

そして一番心配だった職場対応性検査はまさかの筆記試験でした。
というより普通の「はい」「いいえ」で答える性格検査でした。
時間は30分だったのですが、問題数のわりに時間が長くて開始後15分くらいには全員終わっているような感じでした。
途中退室ができなかったのでみんな暇そうに時間を持て余していた時に試験官が「試験終了10分前です」と言ったので、まだそんなに時間があるのかよ、みたいな空気になっていました。
さすがに試験官もその気配を感じたようで全員終わったことを確認して時間前に終了しました。

結局今日は論文と適性検査2つみたいな感じだったので、2次試験は論文でほとんど決まってしまうような気がします。
今日の論文の出来は可もなく不可もなくという感じなので、倍率を考えると少し厳しいかも知れません。まあ終わったことをとやかく考えても仕方ないので明日からはまた来年の試験に向けて勉強を再開したいと思います。
D日程1次結果
2005.10.30(日)
市役所D日程の1次試験の結果が来ました。
結果は合格でした。

ひとまず良かったといえば良かったんですが、まだ倍率はかなり高いと思います。
C日程のときも募集人数が若干名で1次合格者が100人くらいいたので、今回もまだ最終合格まで10倍以上の倍率はあると思います。
特に僕の場合は高齢でしかもその市には縁もゆかりもないのでかなり厳しいと思いますが、そんなことは今さらどうしようもないことなので気にせず精一杯やっていこうと思います。

2次試験の内容ですが、論文、適性検査、職場対人適応性検査だそうです。
この中で問題になるのはどう考えても職場対人適応性検査です。
なにをやるのか全くわかりません。
C日程のプレゼンテーション以上にどういう対策をすればいいのかわかりません。

対人ということなので、職員の人か受験生同士で話をするというような試験かなぁと思いますので、面接か集団討論をやるという覚悟でいればなんとかなるような気がします。一応自己PRと志望動機は準備して行きたいと思います。
C日程結果
2005.10.19(水)
C日程2次試験の結果発表がありました。

結果は、不合格でした。

なんとなくそんな予感がしていて覚悟はしていたんですが、
やっぱり実際に結果を見たときはショックでした。

1次試験の合格通知は2次試験の試験の説明や会場の
案内図などが入った厚い封筒が速達で届いたのですが、
今回はご希望に添えませんでしたという内容の紙1枚だけしか
入っていない薄い封筒が速達ではなく普通の郵便として届きました。
その2つの封筒と並べてみているとかなり切ない気持ちになります。

ということで来年の試験に向けて気合を入れなおしたいと思います。
まだD日程の結果が残っていますが、可能性は低いと思いますので
中途半端な期待をして勉強時間を減らしてしまうよりも、
結果が発表されるまでは来年の試験のことだけを考えて
勉強をしていきたいと思います。
市役所D日程1次試験
2005.10.16(日)
今日は市役所D日程の1次試験を受けに行きました。
まだ夜が明けきらない時間に起きて7時前の下り電車に乗って行きましたが、電車に乗った瞬間に「酒くさっ」と思い周りを見ると、朝帰りと思われる若者が男女を問わずそこらじゅうで幸せそうに眠っていました。電車の中でゆっくり寝ながら行こうと思っていましたが、酒臭さと異様な雰囲気が気になってよく眠れませんでした。
試験会場は中学校だったので入り口で持参したスリッパに履き替えなければいけなかったのですが、今日は雨だったということもあり傘をビニール袋に入れたり靴を履き替えたりして、入り口はかなり混雑していました。

まず教養試験についてですが、そんなに難しいという感じではありませんでした。僕は人文科学と英語と古文はあきらめているのでほとんど勘でマークしていますが、それ以外は結構素直な問題だったと思います。僕はいつもは人文科学や英語で節約した時間を数的処理に費やしてそれでも時間が足りないことが多いですが、今日は結構時間に余裕を持って最後まで解けたと思います。ただ人文科学と英語と古文を合わせると10問くらいあり、それを捨てるとかなり痛いと毎回思います。国家Ⅱ種みたいに選択制ならいいのですが、市役所みたいに40問必答では答えざるを得ないため、よく教養のみのC日程の1次試験に合格したなと思います。

次に専門試験ですが、これも2時間40問必答で僕は刑法、労働法、国際関係を捨てています。刑法、労働法はともかく国際関係は国Ⅱでも出題されるので勉強したほうがいいとは思っていましたが、どうも苦手意識があり今までほとんど勉強してきませんでした。ただ3科目合わせて6問なので教養試験ほどではないと思いますし、刑法などは勉強している人は少ないのではないかと勝手に予想しているのであまり気にしていません。それよりも今回は、政治学と行政学の内容を想像以上に忘れていて、ほとんどできなかったことにショックを受けました。このことは今回の試験だけではなくて来年の試験に向けてもかなり不安な要素になりそうなので、早いうちになんとかしようと思います。

全体的に見るとやはり国家Ⅱ種や都庁、県庁に比べると難易度は低めだと思います。教養試験、専門試験ともに時間はあまり気味だったので答えを出すのにそんなに時間がかからない問題が多いと思います。都庁の試験では同じ40問必答ですが教養1時間50分、専門1時間30分で時間が足りずに泣きそうになった記憶がありますが、それに比べれば時間に余裕はあります。
結果は10月下旬に郵送するそうなので早ければ来週あたりにはわかるかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。